ここから本文です

『パルプ・フィクション』低予算製作でスターたちを動かした真の奇跡とは?

8/22(木) 17:21配信

CINEMORE

虚構の極み、パルプフィクション

 新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)の日本公開が迫り、注目を集めている鬼才クエンティン・タランティーノ。彼の映画を見ていつも感じるのは、とてつもなくクールな”虚構”の楽しさだ。映画館で映画に向かう観客は”虚構”と向き合う楽しさを知っている。大の映画ファンであるタランティーノは、それを踏まえた上で”虚構”を演出する。

 そこからあふれ出るクールなテイスト――テンポの良いジョーク混じりの会話、ハッとさせる映像の構図、瞬発力に優れたバイオレンス、ビジュアルにマッチした音楽、往年の映画へのオマージュなどなど――によって、彼の作品は映画ファンを大いに熱狂させてきた。

 『レザボア・ドッグス』(92)でインディーズの最先端として脚光を浴びたタランティーノを、ワールドワイドな鬼才に押し上げた『パルプ・フィクション』(94)は、“三文小説(=パルプ・フィクション)”というタイトルのとおり、虚構の極みと言えるかもしれない。

 バイオレントでファニー、なおかつ下品なセリフが飛び出す、そんな映画が、芸術性を競うカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したのは、ある意味、快挙。授賞式でブーイングを発した観客に、タランティーノが笑顔で中指を突き立てるという痛快なオマケまで付いてきた。

 ハリウッド映画らしいスター共演も、アートを競う場ではマイナスのイメージで見られがちだ。しかし、タランティーノ作品にはアクの強いスターの存在は重要である。本稿ではスターの存在という切り口で『パルプ・フィクション』の魅力を探ってみたい。

 まずは物語のおさらい。3話からなるオムニバス・スタイルであるのはご存じのとおり。ボスの愛妻ミアの外出に同行することになった殺し屋ヴィンセントの苦境、そのボス、マーセルスの八百長の指示に反して八百長ボクシング試合に勝ってしまったボクサー、ブッチの逃亡、そしてヴィンセントと相棒ジュールスの死体処理の悪戦苦闘。たがいに関連し合うこれらのドラマを、犯罪者カップルによるレストラン強盗の顛末を描いたプロローグとエピローグに挟まれる。

1/3ページ

最終更新:8/22(木) 17:21
CINEMORE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事