ここから本文です

レアルMF久保建英、マジョルカ加入が決定的に!西メディア一斉報道、クラブ史上3人目の日本人選手に

8/22(木) 5:53配信

GOAL

レアル・マドリーの久保建英が1シーズンの期限付きでマジョルカに加入するようだ。スペイン主要メディアが一斉に報じている。

フェリックス、サンチョ、そして久保…今注目すべき世界最高のティーンエージャーたち【20人】

今夏にFC東京からレアル・マドリーに加入した久保。プレシーズン中はトップチームに帯同し、5試合中4試合に出場。親善試合ではなかなか結果を残せなかったチームにおいて、大きなインパクトを残していた。この活躍で18歳の日本代表MFはスペイン国内でも大きな話題となり、さらにジネディーヌ・ジダン監督も「残ることを期待している。彼はレアル・マドリーの未来だ」と称賛している。

そんな久保は外国人枠の関係でトップチーム登録から外れることが濃厚となっており、一時はバジャドリーへの期限付き移籍の可能性が浮上していたが、『ムンドディポルティボ』は「バジャドリーへの移籍の可能性は閉じられた。本人や父親はカスティージャでのプレー続行を希望する」と報じていた。

しかし21日、『マルカ』や『as』などスペインの主要メディアが、久保がマジョルカへ加入することになると一斉に報道。『La Sexta』の番組『Jugones』内で、ホセ・ルイス・サンチェス記者は「若い日本の真珠はカスティージャでのプレーを希望していたが、最終的にスペインの1部でプレーするという考えに変わった」と綴っている。

さらに、「クボにはいくつかのオファーが舞い込んでおり、その中の一つを選ぶことになる。この日本人はバジャドリーでプレーせず、マジョルカでプレーすることになる」と続けた。

久保の移籍先として有力候補に挙がったマジョルカは、今シーズン7季ぶりにリーガ・エスパニョーラに昇格。開幕戦では、乾貴士が所属するエイバルに2-1で勝利している。過去には大久保嘉人や家長昭博が在籍しており、この報道通りに久保の加入が決まれば、クラブ史上3人目の日本人となる。

最終更新:8/22(木) 5:53
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事