ここから本文です

スーパーカブならではの“toilet bowl ”を残しつつ姿を一新 マレーシアのシーンで強烈な存在感を放つロングフォーク・チョッパー

8/22(木) 11:00配信

バイクのニュース

アート・オブ・スピード2019の頂点に輝いたスーパーカブ・ベースのロングフォークチョッパー

 チョッパー・ベースの王道であるハーレーに限らず、様々なモデルをチョッパーにカスタムする東南アジアのシーン……その中でもホンダ・スーパーカブは高い人気を博しています。

強烈な存在感! スーパーカブ・チョッパーの画像を見る

 去る2019年7月27~28日の2日間、マレーシアのクアラルンプール近郊にあるMalaysia Agro Exposition Park, Serdang(マレーシア・アグロ・エクスポジションパーク・セルダン 通称MEPS)にて開催されたイベント「アート・オブ・スピード」(以下AOS)の駐車場にも前後ワイドタイヤ化されたものやチョッパースタイルとなったカスタム・カブが多く訪れるのですが、今年は会場内のベスト・オブ・ショーも同モデルをベースにしたマシンが頂点に輝いていています。

 製作したのはSkatecture Custom WorksのMohd Nasir氏。AOSが開催されたマレーシアのビルダーなのですが、クアラルンプールがあるマレー半島ではなく南シナ海を隔てたボルネオ島にあるクチンという街からのエントリーとのこと。東南アジアの中で多くのカブカスタムが生み出されているインドネシアと国境を隣接するエリアゆえか否かは定かではありませんが、隣国のカスタムバイクと遜色ないクオリティに仕上げられています。

 ビルダーのMohd Nasir氏によるとベースとなったのは1995年式のホンダC100、現地ではEX5と呼ばれるモデルなのですが、その車体の80%をカットし、フレーム内部に補強のインロウ(円筒状の鋼材)を溶接し、車体が再構築されています。

 フロントのスプリンガーフォークはSkatecture Custom Works製のワンオフ(一品もの)で、VANS製グリップが取り付けられたハンドルバーもシンプルなルックスになるようグリップ部に手を加え、ワイヤー類をハンドル内側に通すインナースロットル方式とされています。

 これらのモデファイで中型排気量並のサイズとなった車体のホイールはフロント21インチ、リア18インチというセットアップになっており、威風堂々としたチョッパーらしいスタイルとなっているのですが、ナロー(細く)な形状となったフレームリア部のハードテイルやCB500Fのフロント用を加工して装着されたリアフェンダー、あえてスーパーカブらしさを残すために“toilet bowl ”を残し(現地の人はカブ系のガソリンタンクを便器と呼ぶようです)、シート部をドロップダウンさせたタンクなど、各部の造りは秀逸です。

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 17:42
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事