ここから本文です

【高校野球】”ドラマのよう”な決勝制して初優勝 「チームのために」貫く 履正社エース・清水君 星稜相手に力投/兵庫・丹波市出身

8/22(木) 17:06配信

丹波新聞

 甲子園球場で22日、「第101回全国高校野球選手権大会」の決勝があり、兵庫県丹波市立氷上中出身の清水大成投手(3年)が所属する履正社(大阪)が、星稜(石川)を5ー3で下し、甲子園の歴史に名を刻む令和最初の優勝校となった。自慢の打線が、大会ナンバー1投手の星稜・奥川恭伸君(3年)を打ち崩して見事、初優勝。背番号1を背負うエース左腕、清水投手は先発し、6回3分の2を投げて同点の場面で降板、岩崎峻典投手(2年)とのリレーで逃げ切った。

履正社決勝へ エース清水君は登板せず 「決勝のマウンドで全力を」

 春のセンバツで敗れた星稜と決勝で再び相まみえることを、「ドラマのよう」と表現したエースは、初回から低めを意識した投球。スライダーで1、2番を連続三振に取るなど、これ以上ない立ち上がりで、準々決勝、準決勝と10安打以上で勝ち上がった好調の星稜打線の出鼻をくじいた。

 「相手が奥川君なので、1点がいつも以上に重い」(清水投手)と、丁寧に投げていたが、2回裏にストレートを狙われて先制点を許すも、3回表に履正社の4番・井上広大外野手(同)がセンターに3点本塁打を放ち、逆転。清水投手を援護した。

 毎回のように走者を背負うも、5回は1塁走者をけん制で刺し、6回の1死1・2塁のピンチも「抜いたストレート」で、落ち着いて投手ゴロ、ダブルプレーで無失点で切り抜けた。

 中盤からボール球が先行するようになり、2つの四球と2本のヒットで3-3の同点とされた7回2死の場面で、岩崎投手にマウンドを譲った。

 打線は7回裏に野口海音主将(3年)が勝ち越しタイムリーを放ち、粘る星稜を突き放した。

 清水投手は、優勝が決まった瞬間、ベンチから飛び出し、マウンドで仲間と指の「1」を立てて喜び、リリーフの岩崎君の背中を叩き、好救援を讃えた。

 ゲームセット後の整列時には、奥川投手と「ナイスピッチ」と互いに声をかけあった。

 清水投手は「素直に優勝はうれしい。今まで戦って来て良かった」と言い、甲子園で勝ち進むにつれ、「スタンドからの応援を含め、周囲のサポートへの感謝の思いが強くなっていった」と言う。

 「決勝戦の投球は満足のいく内容ではなかったけれど、打線が打ってくれ、勝てて良かった。自分のことよりチームが勝つのが一番。9回までマウンドにいたかったけれど、チームが勝ったのでいいです」と、「最後までチームのために」を貫いた。感涙にむせぶことはなく、大きな笑顔があった。

最終更新:8/22(木) 22:22
丹波新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事