ここから本文です

仕出し料理を食べた34人が食中毒の症状訴え 患者の便からサルモネラ菌が検出 岡山・新見市

8/22(木) 16:07配信

KSB瀬戸内海放送

 岡山県新見市で、仕出し料理を食べた34人が下痢や発熱などの食虫毒の症状を訴えていることがわかりました。

 34人は、8月16日に新見市で行われた2つの葬式で出された料理を食べたということです。2人が入院しましたが、全員が快方に向かっているということです。

 患者の便からはサルモネラ菌が検出されていて、備北保健所は料理を出した「Aコープあしん」の仕出し部門を、22日から3日間の営業停止処分にしました。

最終更新:8/22(木) 16:19
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事