ここから本文です

星稜vs履正社 どちらが勝っても初優勝がかかる令和最初の決勝戦のポイント

8/22(木) 12:36配信

高校野球ドットコム

 8月22日14時より、第101回全国高等学校野球選手権の決勝戦が開催される。履正社vs星稜のカードとなったが、互いに初優勝がかかるが、決勝戦の勝負のポイントを見ていく。

準決勝まで防御率0.00を叩き出す奥川恭伸

過去の決勝と比べても、ハイレベルな戦いに

 今春のセンバツ1回戦以来の対決となった。
 履正社は、星稜に3対0で敗れたが、この時の奥川との対戦がチームにとって大きな財産となった。履正社はその後、速球投手を攻略するために打撃フォームの修正を行い、さらには、シーズン中ながら筋力トレーニングの回数も増やして、スイングスピードを高めてきた。

 その結果、今大会では、霞ヶ浦の鈴木 寛人、津田学園の前 佑囲斗、関東一の谷 幸之助、明石商の中森 俊介といった速球投手を攻略できる打線に仕上げてきた。現時点の奥川でさえ、すべての引き出しを使わないと抑えられない強打線だ。

 一方で奥川は、ストレートとスライダーを武器に、色々なコースにストライクが取れる上、空振りも取れる投手。
 他の速球投手と比べて、打者に対しての攻めの広さが一線を画している。ただ、奥川が持ち味を出すには、まず初回を抑えてリズムに乗ることが一つのポイントとなる。奥川はそれを理解し、フルスロットルのピッチングができるので、奥川の思い通りにいけば、この試合も完封ペースになることが考えられる。

 対する履正社は、エース・清水 大成が、中3日で試合を迎える。調子が良ければ、140キロ中盤の速球、カットボールを低めに集める投球をみせてくるだろう。緩急使ったピッチングで星稜打線を抑えていきたいところ。

 試合は、両エースが実力を発揮すれば、3点勝負の戦いとなる。そこで、勝敗の分かれ目は、奥川と清水のリズムを崩すキーマンが出るかどうか。
 履正社は、ここまで5試合連続安打中の1番・桃谷 惟吹がいる。さらに、粘れて逆方向にも打ち返すのが上手な2番・池田 凜と、6番西川 黎らがカギになるのではないだろうか。この3人を起点にチャンスを作り、3番小深田 大地、4番井上 広大が得点につなげることができれば理想的。さらに、下位打線からチャンスを作り、桃谷で還す流れにもっていきたい。

 星稜打線は、チーム最多の11安打を記録している俊足巧打の左打者・1番東海林 航介、準々決勝の仙台育英戦で1本塁打7打点の活躍を見せた期待のスラッガー・2番今井 秀輔、智辯和歌山戦でサヨナラ3ランを放ち、甲子園では18打数7安打を記録。長打力はチームナンバーワンの6番福本 陽生の打撃好調の3人に期待したい。

 令和最初の決勝は、過去の決勝と比べても、ハイレベルな戦いになることが予想される。

最終更新:8/22(木) 12:36
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/18(水) 13:50

あなたにおすすめの記事