ここから本文です

ペール8強「本当にうれしい」 シャポバロフらも準々決勝へ<男子テニス>

8/22(木) 16:06配信

tennis365.net

ウィンストン・セーラム・オープン

男子テニスのウィンストン・セーラム・オープン(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、 ATP250)は21日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのB・ペール(フランス)が世界ランク62位のU・アンベール(フランス)との同胞対決を3-6, 7-6 (7-2), 6-3の逆転で制し、ベスト8進出を果たした。

【錦織、ペールら楽天出場一覧】

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはペールのコメントが掲載されており「彼(アンベール)に勝てて本当にうれしい」と喜びを語っている。

準々決勝では、第11シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは3回戦で第7シードのL・ソネゴ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第2シードのD・シャポバロフ(カナダ)が第13シードのM・キツマノビッチ(セルビア)を6-2, 6-3にストレートで勝利して8強へ駒を進めた。

「ミオミル(キツマノビッチ)はタフな相手」と振り返ったシャポバロフは準々決勝で世界ランク47位のA・ルブレフ(ロシア)と顔を合わせる。

その他では第3シードのH・ホルカシュ(ポーランド)、第10シードのF・ティアフォー(アメリカ)、第14シードのJ・ミルマン(オーストラリア)らがベスト8へ進出した。

最終更新:8/22(木) 16:06
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事