ここから本文です

バルサに所属するもう1人の日本人“シライシ” 入団会見で熱く語る

8/22(木) 11:58配信

SPORT.es

プレシーズン開幕後2週間経過し、バンコクで開催されるインターナショナルカップを間近に控える現在、FCバルセロナ・フットサルはダニエル・シライシの獲得を発表した。

こんなところに日本人!バルサに上陸したダニエル・シライシ

ダニエル・シライシはモビスター・インテルから移籍金ゼロでバルサに加入した。モビスターでは重要な役割を果たし、2度にわたるチャンピオンズ優勝の他、4度のリーガ優勝、2度のコパ・エスパーニャ優勝、3度のスーペルコパ優勝を果たした。

シライシはフットサルプロ部門のディレクターであるアルベルト・ソレール他、ビダル・アバルカ、チュス・ラオスといった重役らに付き添われFCバルセロナ加入式に登場した。

ソレールはシライシの加入について「チームのクオリティを高めてくれるだろう。チャンピオンズは我々にとって特別なものだ。ダニエルが獲得の手伝いをしてくれることを信じている」と語った。

またチュス・ラオスは「前シーズンは非常に良かったが、今ダニエルがより多くのことを我々に与えてくれることを期待する。彼は非常に競争力があり、これまであらゆるものを手に入れてきた。彼には多くの経験がある。彼の野心とバルサ移籍の意欲を高く評価する」と語っている。

ブラジルのサン・パウロ市出身のダニエル・シライシはインテル時代にバルサと戦った経験が数多くある。
「順調にバルサに順応している。僕はこれまでにバルサの何人かの選手たちと同じチームで戦い、またバルサの多くの選手を相手に戦ってきた為、このチームに慣れるのは容易だ」と選手本人は語っている。

「日本人」というニックネームでも知られているダニエルは今夏の移籍シーズンにおけるFCバルセロナの唯一の新規補強だ。

「僕はこのチームに貢献できると思う。経験があるし、できるだけ多くのタイトルを獲得するという野心がある。チャンピオンズ優勝がチームの命題。僕にとっても優先事項だ」とダニエルは語る。

■オールマイティな選手
33歳のダニエル・シライシだが、バルサはこの選手の見事なプレーと優れたフィジカルに注目し、チームのレベルをさらに向上させるべく獲得した。

■ボールを巧みに操るダニエル・シライシ
インテルからバルサに加入した理由について質問されたダニエルは「僕は新たな挑戦を求めていた。すべてのスポーツ選手はそれが必要だ、僕は常に上を目指している。」と答えた。
「僕は野心家だ。両足を巧みに使いボールを操ることができ、攻撃においても守備においてもかなり貢献できると思う」とダニエルは語っている。

SPORT.es

最終更新:8/22(木) 11:58
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事