ここから本文です

『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』の短編作で高田夏帆の初めての告白に武田航平ガッツポーズ!【レポート】

8/22(木) 20:30配信

超!アニメディア

 8月20日に『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』の完成披露舞台挨拶が、東京・新宿バルト9で行われ、武田航平、高田夏帆、栄信、芹澤興人、吉村卓也、越智友己、水上剣星、赤楚衛二、中澤祥次郎監督が登壇した。

 Vシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』は、2018年8月26日に幕を閉じた『仮面ライダービルド』の正統な続編スピンオフ作品である『ビルド NEW WORLD』の第2弾。仮面ライダービルドシリーズ最終章として、9月6日から期間限定上映が開始となり、11月27日(水)にBlu-ray&DVDがリリースされる。

 今回、主演を務めた武田は「自分がまさか『仮面ライダー』の主役になるとは思わなかったので、嬉しかったです」とコメント。さらに、「元号が変わって、新しく『仮面ライダーゼロワン』も始まりますし、もちろん素晴らしいと思いますが、平成仮面ライダーというのは20作品や、移り変わりが激しい時代にやってきました。その平成仮面ライダーを残していかなければと思いますので、よろしくお願いします」と、熱い思いを明かした。

 一方、同時上映される『ドルヲタ、推しと付き合うってよ』について聞かれると、高田は「こっぱずかしい」と大テレ。さらに「プライベートでも告白したことないので、初めての相手です」と明かすと、武田が「高田夏帆の初めて、いただきました」とニッコリ。さらに高田は「最初、ツンツンな感じで言ったら、男性陣のリクエストがあって、甘々になりました」と裏話を明かした。

 最後に武田は「終着点はまだ先ですが、仮面ライダーがずっと続いていき、世界に羽ばたくような作品になって、いろんな人の思いがつながればいいなと思います」と語り、舞台挨拶の幕を下ろした。

(C)2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

最終更新:8/22(木) 20:30
超!アニメディア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事