ここから本文です

佐々木朗希初日は22球 世界一へ試運転は上々

8/22(木) 20:45配信

高校野球ドットコム

 8月22日、侍ジャパンU-18代表合宿がスタートした。
 日本代表のエースとして期待される佐々木 朗希(大船渡)は初日からブルペン入りし、水上 桂(明石商)相手に22球を投げ込んだ。剛速球だけではなく、スライダー、フォーク、チェンジアップなど変化球を多めに使いながら、調整を行った。仕上がりは順調。佐々木は、
 「今日のブルペンではボールの感触、コンディションを確かめながら行っていきましたが、少しずつ調子も上がっていると感じています」とコメント。

マエケン体操を行う佐々木朗希

 受けた水上も、
 「ストレートは本当にすごかったですね。あの長身から角度のあるボールが、低めに伸びていて素晴らしかったです。変化球ではフォークが速くて落差も素晴らしかったです!」と絶賛した。

 4月に高校日本代表研修合宿に参加した佐々木は、久しぶりに西 純矢(創志学園)らと再会。この時はあまり話せなかったが、チームに合流してから「4月の時よりも多く話せたと思います」とコミュニケーションもとっている。ちなみに西は佐々木のことを「郎希」と呼び、佐々木は西のことを「純矢」と呼んでいる仲だ。

 「まだ果たせていない世界一を成し遂げたいです」と力強く語った佐々木。本戦だけではなく、国内合宿のオープン戦や26日の壮行試合でも、そのピッチングに期待がかかる。

最終更新:8/22(木) 20:50
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 19:25

あなたにおすすめの記事