ここから本文です

親戚の「母乳?」に違和感…帰省中モヤモヤしたのに何もできなかった残念な僕

8/22(木) 19:30配信

LIMO

お盆と正月にいつも両方の実家に帰省する我が家。
とくにこれまで何も違和感を持っていなかったのに、今回のお盆はたくさんの違和感を感じてしまいました。

でも、ダンナの僕はとくに何もできなかったのです。

僕は子どもができて4年目です。
妻と一緒に頑張って、我が家のスタンスが定まりつつあったからかもしれません。
自分の実家が、なんだかよその家のように感じた5日間でした。

違和感を感じたきっかけは、とても些細な出来事でした。

朝7時ジャストに「そろそろ起こしたら?」

実家はとくに意味もなく、朝が早いのです。

僕も何も意味はないのに、朝5時くらいに目が覚めてしまいます。
みんな異常に朝に強く、とくに朝早い予定があるわけではありません。
普段、僕は家族が全員寝ている中、朝をしばらく1人で過ごしますが、実家では6時前に起きればすでに家族が全員集合しているのです。

時計は7時に。
すると僕の父から「そろそろ起こしたら?」と言われました。僕は「いやいや、何か仕事があるわけでもないのに、こんなに朝早く起こす必要ないでしょ」と一蹴。
結局妻と子どもは8時過ぎくらいにリビングに現れ、別に朝食をとりました。

翌日も同じくらいの時間に妻と子どもが起きてきたのですが、今度は母が「前から思ってたけど、朝あまり強くないよね」と一言。妻は表情が一瞬強張り「あ、そんなことないですよ。普段はもう少し早いんですけどね、いつもよりお布団が気持ちよくてぐっすり寝ちゃうんです」と、ニッコリ。

それを見て「ヤバい」と思いつつも、一応、和やかに流れているリビングの空気に流され何もできませんでした。

親戚は二言目に「母乳?」子育て意識のギャップに辟易

我が家は3歳児と0歳児の子どもがおり、両方とも男の子です。

とくに0歳児は実家に帰れば、それはそれはアイドルで、みんなに幸せを振りまいていました。
いろんなところで会う親戚にもとても可愛がってもらったのですが、このお盆の間に「母乳?」と3回尋ねられました。妻側の親戚にはそんな人はいないのに……。

「母乳?」というフレーズに僕は最初、意味がわかりませんでした。
でも、妻がスムーズに「基本は母乳で、保育園で困らないように1日に1度は必ずミルクをあげるようにしています」と答えているのを見て、「あ、完全母乳で育てているかどうかを聞いていたのか」と理解しました。

「母乳?」と聞く人はもう本当、 うちの子を抱っこして二言目には聞く感じなのが印象的で、決まって50代以上の女性です。そんな身体の事を二言目に聞いてくる感じが、自分にはショッキングでした。

そして雑談中、我が家が男の子2人という点について「女の子の顔も見たくなる」と言われたり、「女の子2人より男の子2人の方が良いかもしれないね」なんてセリフもあり、「なんかヤダなあ」と思っていました。

すると妻が「でも、子どもが欲しくても授からないこともあるので、ありがたいなあと思います」とニッコリ。僕はまた「あ、ヤバい」と思いましたが、親戚一同「たしかに」「そうだねえ」と納得。和やかに話が進んでいきました。

1/2ページ

最終更新:8/22(木) 20:20
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事