ここから本文です

<ライブレポート>オーラル/テレンらが“NEW ROCK NEW STANDARD”を掲げた【MASHROOM 2019】<前半>

8/22(木) 12:45配信

Billboard JAPAN

 MASH A&Rが主催するライブイベント【MASHROOM 2019】が、8月14日東京・新木場STUDIO COASTにて開催された。

その他ライブ画像

 【MASHROOM】は、日本の現行ロックシーンの中核を担うプロダクション〈MASH A&R〉に所属するアーティストが一堂に会するオムニバスイベント。6回目の開催となる今回の公演には、似ても似つかぬオンリーワンな個性を持った7組が出演。それぞれが自らの”NEW ROCK NEW STANDARD”(MASH A&Rのスローガン)をぶつけ合う、濃密な一日となった。本稿では、前半の模様をレポートする。

 トップバッターを飾るのは、〈MASH A&R〉オーディションの初代グランプリ・THE ORAL CIGARETTES。直近のアリーナツアーではコンセプチュアルなライブ演出が印象的だったが、この日は直球勝負と言わんばかりにロック・モード全開。「今日は仲良しこよししに来たわけちゃうぞ!」と絶叫する山中拓也(Vo./Gt.)の頭の中に”手加減”という言葉はおそらくなく、オープニング・ナンバー「接触」から怒涛の勢いで曲を畳み掛けていく。地を這うようなベースラインと衝撃的な歌詞のリフレインが駆け巡る「嫌い」、イントロが始まるや否や悲鳴にも似た歓声が巻き起こった「カンタンナコト」など、ダークでスリリングな世界観を繰り広げオーディエンスを圧倒。会場のテンションはもはやクライマックスのようだ。「あとは後輩の方々がやってくれると思いますので、楽しみにしてて」とラストに「PSYCHOPATH」を披露し、大きすぎるバトンを後輩達に繋げた。

 続いて、フロア下手に用意された特設ステージ〈LEFT STAGE〉に登場したのは、若干20歳の4人組バンド・ユレニワ。昨年12月に開催されたオーディション【MASH FIGHT! Vol.7】でグランプリを受賞し、今年〈MASH A&R〉に仲間入り。今回が【MASHROOM】初登場となる。「今からやるのはユレニワのライブであり、そして日本の音楽の新しい幕です」――シロナカムラ(Vo./Gt.)の強気なMCからスタートしたライブは、エモーショナルというよりただただ剥き出し。溢れ出るものをそのまま溢れ出し続ける、洪水のようなライブだ。「人に対してのラブソングだけじゃなくて、音楽そのものに愛を伝えたい」と「バージン輿論」「PLAY」へ突入。RENJU(Dr.)が「かかってこいよ!」と叫ぶと、フロント3人もぶつかりそうになりながら全身全霊で楽器をかき鳴らし、フロアの温度を沸々と上げていった。特にシロナカムラが全身を震わせて一心不乱にマイクに食い入る姿には、オーディエンスの多くが釘付けとなっており、終演後、長めの拍手がこの日彼らが残した爪痕の大きさを物語っていた

 舞台はメインステージ〈FRONT STAGE〉に戻り、3番手のLAMP IN TERRENが登場。昨年1月に開催された【MASHROOM 2018】で、松本大(Vo./Gt.)がポリープ摘出手術を決意。その後、活動休止、復活、新アルバムのリリースを経て、ここ新木場STUDIO COASTの舞台に帰ってきた。ライブ前半は、重厚なギター&ベースリフが印象的な新曲や「凡人ダグ」で焦燥感を隠すことなくさらけ出していく。一方、後半パートは、広漠としたサウンドスケープが爽快な「ホワイトライクミー」、さらに「地球儀」では松本の人生初ダイブも飛び出すなど、多幸感いっぱいのステージを繰り広げた。そんな表情豊かなライブを締めくくるのは、テレン屈指の名バラード「BABY STEP」。「みなさんが聴いてくれるうちは、俺達は全力でその背中を押す。俺は、音楽を聴くことによって背中を押されてきたから。音楽を鳴らし続けることによって背中を押されてきたから。俺が歌うことでみなさんの背中を押せるのなら、一生押し続ける」と決心を語り、リベンジマッチを大盛況で収めた。

 くせ者ばかりの〈MASH A&R〉の中でもさらに異彩を放つのが、〈LEFT STAGE〉2組目・YAJICO GIRLだ。青い照明が映えるひんやりとした空気のなか、8月7日にリリースしたばかりのニュー・アルバム『インドア』より「2019」からライブがスタート。ヒップホップ/R&Bルーツのミディアム・ナンバーで、ゆったりとオーディエンスを躍らせる。【MASH FIGHT! Vol.5】でも披露されていた「いえろう」は、ダンサブルなエレクトロ・ポップに進化。かと思えば、「汽水域」ではロックバンド然としたざらつきが垣間見られたりと、その音楽性はまさにオルタナティブ。「これからどんどん良い音楽作っていけたらいいなと。”NEW ROCK NEW STANDARD”、自分達のロックを作っていこうと思います」(Vo.四方颯人)と語る通り、その伸びしろはとてつもなく大きそうだ。

Photo:ハタサトシ(THE ORAL CIGARETTES/LAMP IN TERREN)/Masanori Fujikawa(ユレニワ/YAJICO GIRL)
Text:Mika Fuchii


◎公演情報
【MASHROOM 2019】
2019年8月14日(水)
東京・新木場STUDIO COAST

≪前半セットリスト≫
■THE ORAL CIGARETTES
1. 接触
2. STARGET
3. 嫌い
4. DIP-BAP
5. カンタンナコト
6. BLACK MEMORY
7. PSYCHOPATH

■ユレニワ
1. 重罪
2. HelloGlow
3. 缶詰
4. アパート
5. バージン輿論
6. PLAY

■LAMP IN TERREN
1. innocence
2. 新曲(タイトル未定)
3. 凡人ダグ
4. ホワイトライクミー
5. 地球儀
6. BABY STEP

■YAJICO GIRL
1. 2019
2. いえろう
3. ニケ
4. NIGHTS
5. 汽水域
6. 熱が醒めるまで

最終更新:8/22(木) 12:45
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事