ここから本文です

新型ルノー「トゥインゴ」登場 マイナーチェンジで新しいデザインに変更

8/22(木) 17:30配信

くるまのニュース

200万円を切るフレンチ・コンパクト、ルノー「トゥインゴ」がマイナーチェンジ

 ルノーは、Aセグメントコンパクトカー「トゥインゴ」をマイナーチェンジ、2019年8月22日から発売しました。

パリが似合うフレンチコンパクト 新しくなったルノー「トゥインゴ」を画像で見る(18枚)

 新型トゥインゴは、ルノーブランドを象徴するCシェイプLEDランプ(フロント/リア)、Cシェイブウィンカー(フロント)、新デザインフロント/リアバンパー、新デザインのアルミホイールが採用されました。

 外観デザインの変更に合わせて、サイドストライプはポップなドット柄になり、15インチアルミホイールも新型トゥインゴの個性を際立たせる新デザインとなっています。

 新型トゥインゴには、新色ジョン・マンゴーをはじめとする、新しいパリをイメージさせる5色のボディカラーがラインナップされています。

 新たに搭載されるマルチメディアEASY LINK(イージーリンク)は、スマートフォンのミラーリング機能により、7インチタッチスクリーンでスマートフォン内の各種機能にアクセスできます。また、SiriやGoogleアシスタントを利用した音声での操作も可能です。

 安全装備では、車線逸脱警報(LDW)やタイヤ空気圧警報が新たに装備されました。

 ルノー・トゥインゴは、92馬力、135Nmを発生する0.9リッターターボエンジンをリアに搭載し、リアを駆動するRRレイアウトを採用。トランスミッションは6速EDC(DCT)が組み合わされます。

 今回のマイナーチェンジで、フロントバンパー、リアバンパー形状が変更され、全長3645mm×全幅1650mm×全高1545mmと、従来より全長が25mm長くなりました。車両価格は195万円(消費税8%込)となります。

くるまのニュース編集部

最終更新:8/22(木) 17:49
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事