ここから本文です

日産が確実にカップインするゴルフボールを作った!? 先進運転支援システムを応用

8/22(木) 18:30配信

くるまのニュース

「プロパイロット 2.0」から発想したハイテクゴルフボール

 日産は2019年8月22日、新型「スカイライン」に搭載された世界初の先進運転支援システム「プロパイロット 2.0」の技術から発想し、確実にカップインするゴルフボール「ProPILOT GOLF BALL」の動画を公開しました。

日産が作った確実にカップインするゴルフボールを画像でチェック(9枚)

 スカイライン(ハイブリッドモデル)に標準装備されたプロパイロット 2.0は、ナビゲーションシステムと連携したルートを、3D高精度地図データ、カメラやレーダーによる周囲情報をもとに、追い越しや分岐なども含めてシステムが目的地までのルート上にある高速道路の出口まで走行を支援してくれる、世界初の技術です。

 また、ドライバーも道路や周囲の状況、制御の状態をリアルタイムで把握することができ、安心安全な運転操作を実現しています。このプロパイロット 2.0の、目的地までドライブをサポートする技術を、わかりやすく理解してもらえるよう「ProPILOT GOLF BALL」の動画を制作したといいます。

 動画は、まだクラブをきちんと振ることが出来ない可愛らしい少年が、パターを振りボールに当てるだけで、カップまで確実に転がりカップインする様子が描かれており、ゴルファーにとっては夢のような映像となっています。

 ProPILOT GOLF BALLの仕組みとしては、俯瞰のカメラでセンシングしてボールの現在位置を特定。コンピュータがグリーン内のルートを計算して、経路を無線で指示し、ボールが自動でカップへと自走するというものです。

 なぜゴルフボールを使ってこのような試みを実施したのか、日産広報部に話を聞くと「プロパイロット 2.0が発表されたばかりで、どのようなものなのか、どのような効果があるのか、まだわからない方が多いと思います。

 そこで、だれもが知っている身近なゴルフを題材にして、プロパイロット 2.0について興味をもっていただくということで、ProPILOT GOLF BALLを作りました」

※ ※ ※

 これまでも日産は、自動で元の位置に収まるオフィスチェアの「インテリジェント・パーキングチェア」や、スリッパや座布団、テレビのリモコンなどが自動で片付く「プロパイロット・パーク旅館」といった、自社の技術を応用したユニークな取り組みをおこなってきました。

 なお、2019年8月29日から、日産グローバル本社ギャラリー(横浜市西区)にて、ProPILOT GOLF BALLの体験イベントがおこなわれるとのことです。

くるまのニュース編集部

最終更新:8/22(木) 18:30
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事