ここから本文です

オリンピアコスがポルト下したクラスノダールにホームで4発快勝! デゲネク弾のズヴェズダは敵地で2-2ドロー《CL予選》

8/22(木) 5:55配信

超WORLDサッカー!

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ1stレグの3試合が21日に行われ、オリンピアコスvsクラスノダールは4-0でオリンピアコスが快勝した。

3回戦でイスタンブールBBSKを下した2大会ぶりの本選出場を目指すオリンピアコスと、MF中島翔哉の所属するポルトを下した初出場を目指すクラスノダールによる本選出場を懸けた一戦。

ヴァルブエナを先発で起用したオリンピアコスが徐々に押し込む展開とすると、30分に先制した。ボックス手前左からゲレーロの放ったコントロールシュートがゴール右に決まった。

一方、ベリやカベラを先発で起用したクラスノダールは、カベラが25分に負傷交代となった中41分、ベリが右ポスト直撃のシュートを浴びせるもオフサイドに阻まれる。

前半終盤、オリンピアコスはポデンセとヴァルブエナがそれぞれ決定的なシュートを浴びせるも、1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半もオリンピアコスが押し込む流れが続く中、クラスノダールは59分にチャンス。直前に投入されていたスレイマノフがR・セメドのミスパスをカットしてシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。

それでも、その後もオリンピアコスが攻勢に出ると、78分にカウンターから加点した。3分前に投入されていたランジェロビッチがヴァルブエナのラストパスを受け、ボックス右からゴール左に決めきった。

さらに85分、22歳新鋭のランジェロビッチが大仕事。ボックス手前中央から放ったランジェロビッチのミドルシュートがゴールに突き刺さった。止まらないオリンピアコスは89分にもポデンセが決めてホームで4-0と快勝。来週行われる2ndレグに向けて大きなアドバンテージを手にしている。

また、元横浜F・マリノスのDFデゲネクが先制ゴールを挙げたツルヴェナ・ズヴェズダは、敵地でのヤング・ボーイズ戦を2-2で引き分け、2年連続本選出場へ前進している。その他、21日に開催されたプレーオフ1stレグの試合結果は以下の通り。

◆CL予選プレーオフ1stレグ
▽8/21(水)
オリンピアコス 4-0 クラスノダール
ヤング・ボーイズ 2-2 ツルヴェナ・ズヴェズダ
ディナモ・ザグレブ 2-0 ローゼンボリ

▽8/20(火)
リンツ 0-1 クラブ・ブルージュ
クルージュ 0-1 スラビア・プラハ
アポエル 0-0 アヤックス

超WORLDサッカー!

最終更新:8/22(木) 8:09
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事