ここから本文です

北米ホンダ シビックのスポーティモデル「Si」を改良 クーペ/セダン

8/22(木) 6:20配信

AUTOCAR JAPAN

Siクーペ/セダン アグレッシブな顔つきに

北米ホンダは、アメリカ市場向けに販売しているシビックSiのフェイスリフトを行った。Siは、現行型シビック・シリーズのスポーティモデルで、日本には導入されていない。

【写真】北米ホンダのシビックSi クーペ/セダン (45枚)

今回発表された改良型は、前後のスタイリングをアップデートした2020年型。現地ではセダンとクーペという2種類が用意されている。

外観については、フロントバンパーのフォグライト・ハウジングをグロスブラックの枠で囲ったほか、外板色と同色のクロスバーを設置した。また、LEDヘッドライトが変更され、照射範囲も広くなっている。

足もとは、新しい18インチ・ホイール(マットブラック)に、オールシーズン銘柄の高性能タイヤを組み合わせた。夏用タイヤをメーカーオプションで選ぶこともできる。

最終減速比を変更

内装については、座面と背もたれに赤いアクセントを施したスポーツシートを新たに装備。メーターまわりは、同じく赤の挿し色でスポーティに仕立てた。

走行性能については、2020年型では最終減速比を6%ショート化して、加速時のレスポンスを高めている。直4 1.5Lターボエンジン(207ps/26.5kg-m)、6速マニュアル、ヘリカルLSD、アダプティブ・ダンパーに関しては変更がない。

アメリカ市場における価格は、Siクーペ/セダンともに2万5000ドル(266万円)となっている。2020年型の北米発売は9月6日だ。

AUTOCAR JAPAN

最終更新:8/22(木) 6:20
AUTOCAR JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事