ここから本文です

【高校野球】履正社が初優勝! 星稜・奥川から11安打で5得点、大阪勢が夏連覇

8/22(木) 16:10配信

Full-Count

エース清水、2年生岩崎のリレーで星稜打線を3点に封じる

 第101回全国高校野球選手権大会は22日、阪神甲子園球場で決勝戦が行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で下し、初の決勝進出で初優勝を果たした。前年の大阪桐蔭に続き、大阪勢による夏の甲子園連覇となった。

【表】163キロ右腕・佐々木に甲子園を沸かせる星稜・奥川の他には誰が? 侍ジャパンU-18代表選手20人の一覧

 2回に1点を先制された履正社はその直後の3回、2死から池田、小深田が連続四球を選び一、二塁のチャンスを作った。この場面で、4番の井上が星稜のエース奥川が投じた初球のスライダーを捉えた。快音を残した打球は高々と舞い上がり、バックスクリーン左へと飛び込む3ランとなった。

 7回にここまで1失点と好投していたエース清水が星稜打線につかまり同点とされたが、その直後の8回に野口、岩崎の適時打で2点を奪って再び勝ち越しに成功。このリードを清水からバトンを受けた2番手の岩崎が守り抜いて、履正社が歓喜の瞬間を迎えた。

Full-Count編集部

最終更新:8/22(木) 16:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事