ここから本文です

【MLB】5戦連続無四球&8Kのダルビッシュ、7失点KOは米メディアも「予想外」

8/22(木) 22:30配信

Full-Count

地元メディア「シカゴサンタイムズ」がレポート

■カブス 12-11 ジャイアンツ(日本時間22日・シカゴ)

 21日(同22日)の本拠地ジャイアンツ戦に先発したカブスのダルビッシュ有投手。5回まで2点のリードを守っていたが、6回に2ランとソロの2本塁打を浴びて同点とされ、6回途中7安打7失点で降板し5勝目を逃した。

【写真】「なんて男だ!」…ダルビッシュが魅せた男気! 高級ステーキを同僚だけでなく相手チームにもふるまう!

 初回、いきなりロンゴリアに2ランを浴びて2点を先制されたダルビッシュ。2回2死から4者連続奪三振、2回から3イニング連続で3者凡退に。立ち直りの兆しを見せたが、4点リードの5回2死二塁でヤストレムスキーに2ランを浴び、3点リードとなった6回にはボートに2ラン、続くピラーに2者連発となるソロ本塁打を食らった。

 2ラン3発、ソロ1発、まさかの4被弾で7点を失ったダルビッシュは、同点に追いつかれたところで降板。2回には自らバスターで適時打を放つなど一時はリードを奪いながら、痛恨のノックアウトとなった。

 ここ最近、好投が続いていたダルビッシュのまさかの炎上に、地元メディア「シカゴ・サンタイムズ」も「カブスのユウ・ダルビッシュが―今回は不運ではなく―ジャイアンツ戦の6回に崩れる」として、この日の投球をレポート。「リグレー・フィールドの観客が『ユーーー!』と声援を送る準備ができていた夜、彼はうなだれて降板し、ベンチにゆっくりと歩いて行った。その声援が最も大きくなったのは、ダルビッシュが2回にタイムリーヒットを打ち、カブスを3-2のリードに導いた時だった」と伝えた。

 15日(同16日)のフィリーズ戦で7回4安打無失点と快投していたダルビッシュ。記事ではこれまでの好投に触れ「カブスで復活に向けて大きく前進したと思われた男にとって、こうなるはずではなかった。ダルビッシュは前回までの7先発登板で、防御率2.36としており、絶好調だった。そして、今日の試合を含めて5試合連続で無四球とし、抜群の制球力を見せていた」と記した。

 続けて「彼の成績は4勝6敗だが、それは不運もある。今季8回のクオリティ・スタートのうち、2回しか勝利投手になっていない。それでも、彼のパフォーマンスはカブスが2018シーズン前に6年1億2600万ドル(約134億円)のFA契約をした時に期待していたレベルに見えていた」とし、大型契約に見合うだけのパフォーマンスを見せていると指摘した。

「シカゴサンタイムズ」は「カブスのファンたちはダルビッシュが好投するのも、うなだれて降板するのも見てきた。今回は予想外に後者だった」と伝え、今回のKO劇はカブスにとって想定外のものだったとしていた。

Full-Count編集部

最終更新:8/22(木) 22:30
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事