ここから本文です

【MLB】「笑いを止められない」―三塁手の股間をヘッスラで通り抜ける“高等技術”にファン爆笑!?

8/22(木) 23:03配信

Full-Count

MLB公式インディアンスが動画を公開「ハハハ、ワォ、お見事!!!!!」

■メッツ 4-3 インディアンス(日本時間22日・ニューヨーク)

 インディアンスのホセ・ラミレス内野手が21日(日本時間22日)の敵地メッツ戦で見せた“股抜けスライディング”が話題となっている。三塁へと滑り込む際に三塁手の股間をヘッドスライディングで通り抜け、セーフとなる“高等テクニック”を披露。MLB公式インスタグラムが動画を公開すると、ファンは「笑いを止められない!」と大喜びしている。

【動画】タイミングは微妙も…三塁手フレイジャーの股間をすり抜けてセーフ!? ラミレスの“珍スライディング”の一部始終

 1点を追う6回1死一塁の場面だった。ラミレスはブラックから左翼線に痛烈なヒットを放つ。左翼手のデービスが打球処理にもたついている間に一塁走者のサンタナが一気に生還。さらに、ラミレスは二塁を回って三塁に向かった。

 デービスが返球し、タイミングは微妙だったが、ラミレスはヘッドスライディング。なんと三塁手フレイジャーの股間に滑り込み、通り抜けて三塁ベースに到達した。判定はセーフ。同点の適時三塁打となった。

 MLB公式インスタグラムは「このスライディング」と動画を公開。すると、ファンから“称賛”の声が上がった。

「ハハハ、ワォ、お見事!!!!! 笑いを止められない!!!!!」
「スライディング・オブ・ザ・イヤー」
「最高のスライディング」
「ナイス!」
「美しい」
「これはすごい!」
「こうやってタッチを避けるんだ」
「野球の股抜き」

 めったに見ることができない“珍スライディング”は大きな反響を呼んだ。なお、試合は延長10回にインディアンスが1点を勝ち越したものの、メッツがその裏に2点を奪って劇的勝利。サヨナラ打を放ったのは、ラミレスのヒットで打球処理にもたついたデービスだった。

Full-Count編集部

最終更新:8/22(木) 23:03
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 23:00

あなたにおすすめの記事