ここから本文です

社会人相撲日本一を報告 三輪さん、加賀市役所に表敬訪問

8/22(木) 1:47配信

北國新聞社

 第50回記念全国選抜社会人相撲選手権(本社など主催)で初優勝した穴水町出身の三輪隼斗さん(24)=加賀市、ソディック加賀事業所=が21日、市役所に宮元陸市長を訪ね、2度目の挑戦でつかんだ日本一の喜びを語った。

 三輪さんは「負けたら終わりのプレッシャーの中、一番一番、自分の相撲で勝ち進むことができ、自信になった」と話し、目標としているアマ最高峰の全日本選手権(12月1日・両国国技館)での活躍を誓った。

 全国選抜社会人相撲選手権は7月28日に津幡町で行われ、三輪さんは県勢としては11年ぶりに個人戦の栄冠を手にした。

 席上、三輪さんが稽古場所としている市相撲場に発光ダイオード(LED)照明を寄付したソディックに感謝状が贈られた。宮元市長から同社の勝然績雄(かつしかいさお)総務部長代理に手渡された。

 市相撲連盟の長井雅之会長、中谷喜英副会長が同行した。

北國新聞社

最終更新:8/22(木) 1:47
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事