ここから本文です

ふるさと愛育む7日間 第32回ジャパンテント 22日開幕

8/22(木) 1:47配信

北國新聞社

 第32回JAPANTENT-世界留学生交流・いしかわ2019(同実行委員会主催、北國新聞社特別協力)は22日、「ふるさと愛」を総合テーマに7日間の日程で開幕する。世界68の国・地域の留学生300人が石川県内19市町で多彩な文化体験や自然との触れ合いを満喫する。21日は学生ボランティアが歓迎式典の会場となる金沢市の北國新聞赤羽ホールで受け入れ準備を進めた。

 留学生は22日に金沢入りし、オリエンテーションに続き、歓迎式典に出席する。その後、能登、加賀の各自治体に分かれ、市町が企画する各種体験プログラムなどに臨む。

 25日には再び金沢に集結し、「ジャパンテント茶会」に参加。「ジャパンテントフェスタ」で金沢などのホスト家族と昼食を取りながら親睦を深める。

 26、27日は自由参加プログラム「まるごと金沢・職人めぐり」が開催され、藩政期から受け継がれる伝統工芸や茶の湯などを体験する。両日には、しいのき迎賓館で各国の留学生による講話「世界を体感する世界一多国籍な授業」も行う。

 最終日の28日は、さよならセレモニーが行われる。

北國新聞社

最終更新:8/22(木) 1:47
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事