ここから本文です

プロデビュー戦から300得点まで…“神の子”トーレスの忘れられないあの試合

8/22(木) 19:02配信

SOCCER KING

 23日に行われる2019明治安田生命J1リーグ第24節、サガン鳥栖対ヴィッセル神戸戦で、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現役ラストマッチを迎える。クラブと代表で数々のタイトルを獲得し、多くのファンから愛された“エル・ニーニョ(神の子)”。スペイン、そして世界を代表するストライカーの引退試合は、多くのサッカーファンの記憶に刻まれることだろう。

 そこで、18年に及ぶトーレスの選手生活で特に印象的だったゲームを振り返り、代名詞でもある“背番号9”にちなみ、9試合を紹介する。

■17歳でプロデビュー

2001年5月27日 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)第39節 レガネス戦

1984年3月20日にスペインの首都マドリードで生まれ、祖父の影響で幼少期からアトレティコ・マドリードのファンだったというトーレス。11歳のときに憧れのクラブへの入団を果たすと、15歳の若さでプロ契約を結んだ。そして2001年5月27日、2部リーグながらトップチームデビューを果たす。旧本拠地ビセンテ・カルデロンのピッチに足を踏み入れた少年は、この時まだ17歳。それでも桁違いの能力の持ち主であるのを証明するのに時間はかからなかった。1週間後に行われたデビュー2戦目で初ゴールをマーク。目標としていた1部昇格は果たせなかったが、鮮烈なデビューを飾った“神の子”にファンはクラブの未来を託した。

■イニエスタとの初対戦

2004年9月19日 リーガ・エスパニョーラ第3節 バルセロナ戦

プロ選手として、トーレスとイニエスタがピッチ上で初めて対戦したのは、今から15年前のことだった。2004-05シーズンのリーガ・エスパニョーラ第3節、バルセロナ対アトレティコ・マドリード。戦いの舞台となったカンプ・ノウで、トーレスはフル出場。対するイニエスタは、ロナウジーニョとの交代で75分からピッチに立ち、初めてピッチ上で顔を合わせた。なお、1-1に終わったゲームで値千金の同点ゴールを挙げたのがトーレスである。19歳の若さでキャプテンを務めていたトーレスは、文字通りチームの“救世主”となったのだ。23日に行われる最後の直接対決では、どんなフィナーレを迎えるのか注目が集まる。

1/4ページ

最終更新:8/22(木) 19:02
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事