ここから本文です

隣家の屋根修理中に転落、脳死に 父親が臓器提供に同意

8/22(木) 13:25配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・浙江省(Zhejiang)楽清市(Leqing)で、隣家の屋根の修理をしていた男性(26)が転落し、これが原因で脳死と判定された。男性の父親が、臓器提供に同意したことで注目を浴びている。

 董善福(Dong Shanfu)さんによると、息子の偉利(Dong Weili)さんは雨風が強かった10日の明け方、善福さんと共に家の壊れた屋根を修理した。終わると、偉利さんは「隣の家の様子を見に行く」と言って向かった。数分後、善福さんも隣の家に行ったところ、偉利さんが地面に倒れていたという。屋根の上から落ちて頭を打ったとみられる。

 偉利さんは市内の病院に搬送され、緊急治療を受けたが、脳死と判定された。善福さんは肝臓と腎臓、角膜の提供に同意し、14日午後、摘出手術が行われた。肝臓と腎臓は3人に移植され、角膜は保管されたという。

 善福さんは15日、「息子は他人に対して熱心に尽くすタイプで、臓器提供に賛成してくれるに違いない。臓器移植によって、他人の命を救えるだけでなく、ある意味、息子自身の命も形を変えて生き続けることになる。息子には7歳になる男の子が残されており、生活のためにはまだ頑張らなければならない」と語った。

 当地、潭頭盧村(Tantoulu)の村幹部である董訓青(Dong Xunqing)さんは15日、偉利さんが周りの人々に常に温かく接し、村内の状況へ関心を寄せ、嵐の中でも雨風の影響を心配していたと語った。また、「偉利さんが人の家を修理しようとして亡くなったこと、父親が臓器移植を決意したことなどのニュースを聞き、残された子供に資金援助を申し出た人もいる。村としても、できる限りのことをしていくが、この一家が難関を乗り越えられるよう、温かい協力をお願いしたい」と話した。(c)CNS-北京青年報/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:8/22(木) 13:25
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事