ここから本文です

ゴールドマン、トレーディング部門で大量採用-ただし技術系に限定

8/22(木) 3:13配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米銀ゴールドマン・サックス・グループのトレーディング部門は、この数年間で最大級の人材採用を計画している。採用する職種はコーディングの能力がある技術系エンジニアのみ。ウォール街が向かっている方向を示している。

トレーディング部門のエンジニアリング共同責任者、アダム・コーン氏によれば、ゴールドマンは向こう数カ月でトレーディングフロアの技術関連職にエンジニア100人超を採用する計画。テクノロジー業界と金融業界の競合他社から人材を引き抜きたい考えで、新たなポジションの大半はニューヨークとロンドンが拠点となる。

コーン氏は「われわれはこの種の人材を非常に積極的に追い求めることになる」と説明。「従来、エンジニアはトレーディングビジネスの一部と見なされていなかった。そうした状況は明らかに変わった」と語った。

同氏によれば、ゴールドマンはトレーディング相手の自動化志向に応えられる人材に重点を置いている。

ウォール街はこの10年ほど、大きな変動を経験してきた。特に株・債券の買い手と売り手の間に立つトレーダー職は、技術の急速な進展に伴い業務のあり方が根本的に変わった。システムの自動化がその役割に取って代わり、各行は人員削減が可能になっている。銀行業界はテクノロジーにより多くの経営資源を配分することで、この変化に対応している。

原題:Goldman Plans Hiring Spree in Trading (Only Coders Need Apply)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Sridhar Natarajan

最終更新:8/22(木) 3:13
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事