ここから本文です

絶好調のヘッジファンド、「混雑した取引」のリスクも-ゴールドマン

8/22(木) 8:03配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): S&P500種株価指数が年初来16%上昇する中で株式ヘッジファンドは2009年以来の好パフォーマンスを謳歌(おうか)しているが、ゴールドマン・サックス・グループは「混雑した取引」のリスクを警告する。

ベン・スナイダー、デービッド・コスティン両氏を含むストラテジストらによれば、ヘッジファンドは相場上昇と銘柄選択成功の両方から恩恵を受けているが、保有株をヘルスケアなどの少数の業界およびアマゾン・ドット・コムを中心とした特定の銘柄に集中させている。相場がピークに達した時に、多くのファンドが同じ銘柄を同時に売ろうとし、下落を増幅させる可能性があると、ストラテジストらは20日のリポートで指摘した。

「ファンドはポートフォリオの中で花形業界や銘柄の割合を増やし続けており、そうしたトップポジションはファンド間でますます似通ってきている」とストラテジストらは記述。「このようなダイナミクスは、レバレッジの高まりとポートフォリオ銘柄入れ替えの減少、市場流動性の低下と相まって、モメンタム株のパフォーマンスを向上させたが、混雑した取引によってファンドが直面するリスクも高めた」と解説している。

これは「起こり得る相場の巻き戻しに対してファンドをひどく脆弱(ぜいじゃく)にする。リスク意欲の低下と同時に起こりがちな流動性の低下を伴う場合、特にそうだ」と付け加えた。

原題:Goldman Warns Hedge Fund Outperformance Comes With Crowding Risk(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Joanna Ossinger

最終更新:8/22(木) 8:03
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事