ここから本文です

仙台MF関口が左頬骨折で全治約6週間…「やった瞬間陥没してた」

8/22(木) 13:06配信

ゲキサカ

 ベガルタ仙台は22日、MF関口訓充(33)の負傷状態を発表した。左頬骨弓骨折により全治約6週間になる。

 関口は17日のJ1第23節・川崎F戦で負傷。試合開始3分に競り合った際に相手選手の肘が顔を直撃し、前半8分には途中交代となっていた。クラブ公式サイトによると、20日に仙台市内の病院で手術を行ったという。

 関口は22日に自身のツイッター(@kuni32kun)を更新。「やった瞬間陥没してたから折れてるのわかってたんだけど、報告できずすいません…。試合もやると言ったんだけどドクターに最後止められて無念の交代になり悔しかった…」と当時を振り返っている。

最終更新:8/22(木) 13:06
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事