ここから本文です

通販・EC市場は8兆1800億円で8.3%増(JADMA調査)【2018年度】

8/23(金) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)がまとめた「2018年度通販市場売上高調査」によると、2018年度における国内の通販・EC市場は、前年度比8.3%増の8兆1800億円だった。金額ベースでは前年度と比べて6300億円増えた。

2018年度はBtoBやモール系が堅調だったほか、商材ではアパレルや家電が伸長したという。媒体別ではテレビ通販企業が比較的好調だったとしている。

JADMAは毎年、国内の通販・EC市場を調査している。直近10年間の平均成長率は7.1%。市場規模は10年で約2倍に拡大した。

「2018年度通販市場売上高調査」では、JADMAの会員455社の売上高を調査したほか、各種調査から推計できる非会員企業337社の売上高を加えて算出している。

 

経産省の調査では物販EC市場は9.2兆円規模

経済産業省が今年5月に発表した「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、国内の消費者向けEC市場規模は前年比8.96%増の17兆9845億円。物販に限ると同8.12%増の9兆2992億円、EC化率は6.22%となっている。

最終更新:8/23(金) 9:01
ネットショップ担当者フォーラム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事