ここから本文です

令和最初の王者へ 明るい光感じるワンシーン【タカ番記者の好球筆打】

8/23(金) 9:17配信 有料

西日本スポーツ

7回を3人で抑え、柳田(右)を迎える甲斐野

 ◆ソフトバンク5-1オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 夏の甲子園が閉幕した。ともに初優勝を懸けた決勝は大阪代表の履正社が石川代表の星稜を下して、参加3730チームの頂点に立った。星稜は北陸勢初の夏制覇とはならなかったが、令和初の甲子園大会を大いに盛り上げたチームの一つではなかったか。高校野球の終わりは夏の終わりを告げるようでもあり、毎年、寂しい気持ちになる。

 一方のプロ野球は、ここから本当の勝負に突入する。各チーム、勝負の9月をいかにして迎えるか。ホークスはきょう23日から今季2勝7敗と大きく負け越しているZOZOマリンへ乗り込み、対戦成績も6勝12敗と苦手にするロッテとの3連戦に臨む。それだけに、本拠地で戦うこの日は何としても勝っておきたかったというのが首脳陣の本音だろう。 本文:1,074文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

西日本スポーツ

最終更新:8/23(金) 9:17
西日本スポーツ

おすすめの有料記事

もっと見る