ここから本文です

秩父鉄道のSL列車、2020年は運休…2019年10-12月の運行は全車自由席に

8/23(金) 6:45配信

レスポンス

埼玉県の秩父鉄道は8月22日、2020年のSL運行を行なわないことを明らかにした。

[関連写真]

同社のSL列車『SLパレオエクスプレス』は、埼玉県北部観光振興財団がJR東日本から譲り受けたC58形蒸気機関車363号機(C58 363)により、1988年3月から運行を開始した。

C58 363は、2000年に解散した同財団から秩父市を経て、2003年に秩父鉄道が正式に譲り受けているが、2015年以降は度重なる不具合に悩まされるようになり、2018年は9月に不具合が発生。3か月の運休を余儀なくされた。

2020年の運行休止は、車両の分解が伴なう大がかりな検査である「全般検査」によるもので、2021年以降の運行については決定次第発表するとしている。

なお、『SLパレオエクスプレス』のSL座席指定券やSL整理券は、指定券発売システムを持つJR東日本に委託して発売する分があったが、9月運行分を最後に委託が終了することになった。

そのため、10月4日~12月8日運行分は、秩父鉄道が独自に発売する「SL整理券」(10月1日から大人・子供とも520円)を要する、全車自由席列車となる。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:8/23(金) 6:45
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事