ここから本文です

中国、カナダとの関係「甚だしく困難」、華為CFOの放免要求

8/23(金) 1:49配信

ロイター

[オタワ 22日 ロイター] - 在カナダ中国大使館は22日、中国とカナダの関係は「甚だしい困難」に直面しているとした上で、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)の放免を要求した。

カナダ当局は昨年12月、身柄引き渡しを求める米国の要請を受け孟CFOを逮捕。これを受け、中国当局は中国滞在中のカナダ人2人を拘束し、カナダ産の菜種油と肉製品の輸入を停止するなど、両国関係は急速に冷え込んでいる。CFOの身柄引き渡しを巡る審理は来年1月から始まる。

中国大使館は声明で「中国は常に国民と国家の利益を守る。中国とカナダの関係は今や甚だしい困難を強いられており、カナダ側はその根本原因を十分理解している」と指摘。その上で「カナダ政府は孟氏を即時放免し、中国へ無事に送り返すべき」とし、二国間関係の正常化を要求した。

カナダのトルドー首相とフリーランド外相はこの日、ポンペオ米国務長官と会談した。

最終更新:8/23(金) 1:49
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事