ここから本文です

テレ東系ドラマ「江戸前の旬」続編決定 主演・須賀健太「素直にうれしい」

8/23(金) 7:05配信

東スポWeb

 あの名物コンビが帰って来た! 子役出身の俳優・須賀健太(24)と二枚目俳優・渡辺裕之(63)が銀座のすし店の親子&師弟を演じたテレビ東京系ドラマ「江戸前の旬」の続編が、「江戸前の旬season2」として1年ぶりに復活することが分かった。

 原作は「週刊漫画ゴラク」(原作=九十九森、劇画=さとう輝、日本文芸社)で連載20年目を迎える「銀座柳寿司三代目 江戸前の旬」。シリーズ累計発行部数1500万部を誇り、連載が続いている。放送中には、記念すべきコミックス100巻が発売される予定だ。

 前作は移転直前の築地市場で撮影したことが話題になった。引き続き主演する須賀(柳葉旬役)は放送開始日が25歳の誕生日で、芸歴21年目に突入する節目でもある。

 須賀は「主演作品のシリーズ化は素直にうれしいし、漫画の中のエピソードをまた歩めるのは幸せ。役とともに成長する様を反映し、積み重なっていく深みを出せるよう心がけたい。(俳優も)旬くんのような職人と同じく“人生日々修業”の精神かもしれない。『江戸前の旬season2』をよろしくお願いします!」とコメント。

 旬の父で職人気質の師匠(柳葉鱒之介役)を演じる渡辺も続投だ。「またお話をいただき、心底うれしい。外見を含め、作ったキャラクターを大事にしながら、少しずつ進化させたい」と意気込みを語った。

 前作同様、客や家族との人情味あふれるやりとりや、すしにまつわるウンチクが盛りだくさん。旬の成長とともに、すしという日本の伝統料理の極みをたっぷり味わえる。

 番組はBSテレ東で、10月19日土曜深夜0時にスタートする(テレビ大阪=毎週土曜深夜0時56分、NTTぷららで1週間先行配信)。

最終更新:8/23(金) 13:08
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事