ここから本文です

米国務長官 韓日軍事協定終了に「失望」=対話促す

8/23(金) 8:28配信

聯合ニュース

【ワシントン聯合ニュース】ポンペオ米国務長官は22日(現地時間)、訪問先のカナダで行った記者会見で、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて「失望した」として、「われわれは両国が対話を続けることを促す。韓日の共同利益が米国にとって重要であることは疑う余地がない」と強調した。

 また、両国が関係を正常に戻すことに期待を示し、「(韓国と日本は)どちらも米国のパートナーであり、両国が共に進展していくことを望む」と述べた。

 ポンペオ氏は韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と電話会談を行ったことを明らかにした。康氏は協定の終了を決めたことについて説明し、米側の理解を求めたとみられる。

 一方、米国防総省も「強い懸念と失望」を表明する報道官論評を出した。

最終更新:8/23(金) 9:44
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事