ここから本文です

「必要なのはカネじゃない」マキロイ、年間王者レースを語る

8/23(金) 8:49配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇ツアー選手権 初日(22日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

ブラックな石川遼

2007年に始まった米ツアーの年間レース「フェデックスカップ」は13季目。今年はポイントランキング上位30人が出場する最終戦「ツアー選手権」が、ランクに応じてスタート前の打数にハンディキャップを設ける新形式に生まれ変わった。ハンディを含めたスコアでの大会優勝者が必ず、年間王者に輝く。そのボーナスは1000万ドルから1500万ドル(約16億円)に増額された。2016年の王者で、“オピニオンリーダー”のひとりでもあるロリー・マキロイ(北アイルランド)はツアーの施策をどう見ているのか。

ハンディキャップ戦

マキロイは前週のプレーオフシリーズ第2戦「BMW選手権」を終えて、ポイントランク5位。トップのジャスティン・トーマスに5打差の5アンダー5位からティオフした異例の試合を「心理的に違う。僕らはなかなか習慣から抜け出せない。自分のやるべきことを考えて、ベストなプレーができるようコントロールしないと」と各ラウンドのターゲット設定の重要性を強調。初日は「66」で回り、通算9アンダーの4位として、首位と1打差に詰め寄った。

昨年までは大会の優勝争いとポイントレースが同時進行し、過去4大会で勝者と年間王者が異なるケースがあった。今回のハンディキャップ戦導入はこの複雑さを解消するのが大きな理由。「いままではランキング15位くらいから30位までの選手は、ツアー選手権で優勝できても、フェデックスカップは獲れなかった。(年間王者になるためには他選手の)たくさんの条件がそろう必要があったから。15人くらいの選手に新たにチャンスが生まれた」と、ランク下位で大会を迎えた選手も、ポイントレースで“消化試合”になりにくい仕組みを評価した。

未勝利の選手が11人出場

今大会はディフェンディングチャンピオンがいない。前年5季ぶりのツアー優勝を飾ったタイガー・ウッズはポイントランク42位に終わり、前週ひと足先にシーズンを終えた。「マスターズ」王者のウッズに加え、「全英オープン」を制したシェーン・ローリー(アイルランド)も第2戦を突破できず、最終戦にメジャー王者がいないシステムに批判の声もある。

通常のスポンサー大会の優勝者はフェデックスカップポイントを500pt(一部300pt)、WGCは550pt、4大メジャーと「プレーヤーズ選手権」は600ptを獲得する。「メジャーは1000ptでもいいんじゃないか。600ptでは達成したことに見合わないと思う」というのがマキロイの私見だ。

スーパースターであるウッズの不在が影響しているのか、一部メディアの“怒り”の矛先は「ツアー選手権」出場の30人のうち、シーズンで1勝もしていない選手が11人いること、優勝者のうち22人がいないことにも向けられているようだ。今季2勝のマキロイはそんな考えに意見した。

フェデックスカップはあくまで、シーズンを通じて高いパフォーマンスを発揮した選手を讃えるレースだとし「メジャーで優勝して、他の試合は20回も予選落ちしたら、良い年だったとは言えるだろうか」。「勝っていない選手が11人も今週いるとは知らなかったけれど、彼らは継続的に良いプレーをしてチャンスを得た。普段の試合では156人もいるなかで、ひとりしか勝てない。優勝は本当に大変なこと。僕だって今年はベストプレーをした年といえるけど、勝ったのは2回だった。もっと優勝してもおかしくなかったと思うけどね。勝てるようなプレーをする選手は毎週たくさんいるんだ」

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事