ここから本文です

クイーンのブライアン&ロジャー、80年にニューオーリンズで撮影した写真と同じ構図の2ショットを公開。「あの場所に戻れて嬉しかった」

8/23(金) 18:30配信

rockinon.com

クイーンのブライアン・メイとロジャー・テイラーが、ルイジアナ州ニューオーリンズを訪れ、1980年にメンバー4人で一緒に撮影した写真と同じ場所でその写真を再現したそうだ。

ブライアンは自身の公式ウェブ・サイト「Brian's Soapbox」で、ニューオーリンズのフレンチ・クオーターはイタリアのベニスに匹敵すると紹介。また、音楽がそこら中で流れており、飲んで食べて生き生きと過ごせると綴っている。バンドは賑やかなニューオーリンズでのひと時を楽しんだようだ。

ブライアンはInstagramに、ロイヤル・ストリートの角で1980年にクイーンのメンバーと撮影した写真と、同じ場所に立ちひとりでポーズを取った自身の画像を並べて投稿。その投稿には、次のようなコメントが添えられている。


この古くも素敵な写真が撮られた場所を見つけなければならなかったんだが、見つけたぞ! ニューオーリンズのフレンチ・クオーターにあるロイヤルとトゥールーズの角だ。少し変わっていたところはあったけど、まだ過去の面影は残っている。ランプの柱が縦に長くなってたし、「右折禁止」の目障りなサインにも慣れなくちゃいけないね。それに他のメンバーもいないようだしな! だけど、あの場所に戻れて嬉しかった。さぁ、他の思い出はどうだろう。素敵な思い出はどこかな?! ああ……もう2019年だなんて、一体どうなっちまったんだ? 

昔の素敵な写真を送ってくれて、想い出に浸らせてくれた良き友人であるKimberley Barsanaに感謝したい。そして、ここで私の写真を撮影してくれたLiam Wheatleyと、この場所を探すために皆を率いて尽力してくれたZoe Smithにも感謝を。1980年に撮った写真の背景にいる男性は、何年も私のセキュリティ・ガードを務めてくれて仲が良かったWalter Versen。今でも彼とは友達なんだ。そして、もしこういった写真に興味があったら、私の自叙伝『Queen In 3-D』に古い写真や想い出話が載ってるよ。それでは。ブライアン

さらにブライアンは、同じ場所でロジャー・テイラーと一緒にポーズを取った画像もInstagramに投稿していた。


なおクイーン+アダム・ランバートは、7月10日にカナダのバンクーバーから「THE RHAPSODY TOUR」の北米公演をスタートさせ、2020年1月に同ツアーの日本公演を行うため来日することが決定している。

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:8/23(金) 18:30
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事