ここから本文です

ロジャーバローズ牧場到着 猪熊オーナー“2世”に夢託す

8/23(金) 6:00配信

デイリースポーツ

 右前浅屈腱炎のため引退した今年のダービー馬ロジャーバローズ(牡3歳)が22日、繋養先である北海道新ひだか町のアロースタッドに到着した。

 スタリオン関係者とともに到着を見届けた猪熊広次オーナーは「わずか6戦の現役生活となりましたが、スピードの持続力をダービーでも証明できたかと思います。凱旋門賞に出走できなかったのは残念ですが、その夢は子どもたちに託したいと思います」と“2世”に期待を寄せた。

最終更新:8/23(金) 7:06
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事