ここから本文です

トム・ホランド主演「アンチャーテッド」実写版、監督がまた降板

8/23(金) 12:32配信

シネマトゥデイ

 人気ゲーム「アンチャーテッド」シリーズをトム・ホランド主演で実写映画化する作品から、監督のダン・トラクテンバーグが降板したと、Deadlineが独占で報じた。

【画像】トム・ホランド、金髪美女と交際中!

 「アンチャーテッド」シリーズは、トレジャーハンターのネイトことネイサン・ドレイクを操作して、伝説の秘宝や古代都市の謎を解き明かしていくアドベンチャーゲーム。映画では、トムが若き日のネイトにふんし、トレジャーハンターとして成長するネイトの姿が描かれる。

 本作は当初、『ナイト ミュージアム』のショーン・レヴィが監督に就任していたが、2018年に降板。レヴィ監督の後を継いだトラクテンバーグ監督も、今回プロジェクトから去ることとなった。トラクテンバーグ監督の降板理由は明かされておらず、Deadlineの情報筋によると、製作を担当する米ソニー・ピクチャーズはすでに新たな監督探しを進めており、今夏の終わりまでには後任が発表される見通しだという。

 『アイアンマン』のアート・マーカム&マット・ハロウェイとドラマ「エージェント・オブ・シールド」のレイフ・ジャドキンスが脚本を執筆する本作は、2020年12月18日全米公開予定。(編集部・倉本拓弥)

最終更新:8/23(金) 12:32
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事