ここから本文です

WRCドイツ:ヤリスで初参戦の勝田貴元、初日11番手「経験を積むのが目標」首位はタナク

8/23(金) 18:28配信

motorsport.com 日本版

 WRC第10戦ラリー・ドイチェランドの競技初日、全長5.20kmのSS1が22日(木)に行われた。

【リザルト】WRC第10戦ラリー・ドイチェランド(SS1終了時点)

 首位につけたのは、トヨタのオット・タナク。藁束にヒットし、両サイドのミラーを脱落させながらも、最速でステージを駆け抜けた。0.8秒差でダニ・ソルド(ヒュンダイ)、0.9秒差でセバスチャン・オジェ(シトロエン)が続いた。

 WRC最高峰クラス初参戦となる勝田貴元は、トヨタのヤリスWRCを駆り、タナクと5秒差の11番手で最初のステージを終えた。

 シェイクダウンを終えた後の勝田にmotorsport.comが話を訊くと、彼は経験を積むのが今回の目標だと語った。

「フィーリングとしては準備ができています。ですが、僕の経験は十分じゃありません。毎ステージ、毎コーナー、このマシンで何ができるかを学んでいかなくてはいけません」

「シェイクダウンでは、良い意味でとても驚きました。マシンはとても速くて、反応性が高いんです。マシンがどういう挙動を見せるか理解する必要があります。簡単ではないことは分かっています」

「経験を積んで、どんなステージでも自信を感じられるようにならなくちゃいけません。今週末(ラリー・ドイツ)は道に留まって経験を積むことが、主な目標です」

 ラリー・ドイチェランドはターマックでのラリーとなるが、勝田はうまくマネージメントをしながら、完走を目指したいと話した。

「ドイツは道幅が狭いですし、路面の落ち込みも大きいです。ソフトにブレーキングして、タイヤとブレーキをうまくマネジメントしたいですね」

「このラリーの全ステージを走破できたら、僕にとってはパーフェクトです」

 SS1は同日午前に行われたシェイクダウンと同じコースを走ったが、2日目は3つのステージを2回ずつ、計6ステージを走る予定。いずれも道幅が狭く、注意が必要だ。合計のステージ走行距離は101.4kmとなっている。

最終更新:8/23(金) 18:28
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事