ここから本文です

(耕論)ネット化する政治 山田太郎さん、畠山理仁さん、逢坂巌さん

8/23(金) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 参院選では、SNSやユーチューブなどを駆使した小政党や候補者が躍進した。昭和や平成の時代にはみられなかった現象だ。ネット化する日本の政治はどこへ向かうのだろうか。

 ■双方向のSNS、共感呼ぶ 山田太郎さん(参議院議員)
 7月の参院選では、比例区で自民候補2位の54万票を獲得して当選しました。「53万票」という目標を掲げはしたものの、3年前の前回参院選で僕が得た票のほぼ2倍にあたり、正直驚きました。
 選挙戦では、ネットユーザーが参加意識を持てるように色々な仕掛けをしました。たとえば、誰でもネットで贈れる選挙必勝祈願の「電子為書(ためがき)」、ツイッター名に付けて山田支持であると示す「推しマーク」などです。…… 本文:3,630文字

【販売終了のお知らせ】

こちらの有料記事配信サービスは、販売を終了いたしました。

ご購入いただいた記事を読むには、こちらからログインしてください。

朝日新聞社

最終更新:8/23(金) 11:30
朝日新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事