ここから本文です

14セル対応のリチウムイオンバッテリーIC

8/23(金) 11:30配信

EDN Japan

 ルネサス エレクトロニクスは2019年8月、第4世代のリチウムイオンバッテリーマネジメントIC「ISL78714」を発売した。高精度なセル電圧監視と広範囲なシステム診断により、ハイブリッド車(HEV、MHEV、PHE)や電気自動車(BEV)の電池寿命と航続距離を最大化する。

最大14セルの電池に対応

 直列接続された最大14セルの電池に対し、自動車用途で求められる温度範囲において、±2mVの精度で電圧監視とバランシングを実行できる。これにより、正確な電圧レベルに基づいて判定するバッテリーマネジメントシステム(BMS)が可能になる。

 14ビットのA-Dコンバーターを内蔵し、最大6本の外部温度入力を備える。また、全ての主要機能に対して、故障検知と診断機能を提供する。最大1Mビット/秒のキャパシターまたはトランス結合を用いた2線式デイジーチェーン通信により、ISL78714を30個使用してバッテリーを最大420セルまで接続できる。

 動作温度範囲は-40~+105℃で、AEC-Q100 Grade-2に適合する。過電圧や低電圧、温度、断線、故障状態を112セルシステムでは10ミリ秒以内に、70セルシステムでは6.5ミリ秒以内に読み出し、制御用マイコンに送信できる。セル入力範囲は±5Vで、燃料電池やバスバーを含むシステムの要件にも対応する。

 既に量産を開始しており、64ピンTQFPパッケージで提供する。評価用ボード、BMSレファレンスキットも用意する。同社は、ISL78714が実装する安全機能により、HEVなどのxEV向けBMSの自動車用機能安全規格ISO 26262におけるASIL D対応を支援するとしている。

EDN Japan

最終更新:8/23(金) 11:30
EDN Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事