ここから本文です

ロシアのG7復帰、週末の首脳会議で討議 採決はない=米高官

8/23(金) 6:12配信

ロイター

[ワシントン 22日 ロイター] - 米政府高官は22日、ロシアの主要7カ国(G7)復帰について、仏ビアリッツで週末に開催される主要7カ国(G7)首脳会議で討議される可能性はあるが、採決にはかけられないとの見方を示した。

ロシアはクリミア併合を受け2014年にG8から除外されたが、トランプ大統領は20日、ロシアを再びG7に組み入れ、G8とすることが適切との考えを示した。

政府高官は、ロシアがG7に復帰するには同国が正式に要請する必要があるが、こうした要請は今のところないとしている。

トランプ大統領はG7首脳会議に出席する際、日、英、独、仏、カナダのほか、インドの首脳と会談を行う。

高官は「欧州経済がほぼゼロ成長にとどまっているのに対し、米国経済は数年前では考えられなかったほど伸びている」とした上で、トランプ大統領はG7で、雇用や成長促進に向け米国を見習うよう提案する見通しと述べた。

*内容を追加します。

最終更新:8/23(金) 6:43
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事