ここから本文です

Qで始まるスイーツってなんだったんだろ...Androidがお菓子の名前をやめる

8/23(金) 22:01配信

ギズモード・ジャパン

Googleのスマートフォン向けOS・Androidが生まれてもう10年(あとちょっとで11年)です。

Googleは公式ブログでAndroidの新しいロゴとニックネームを公開しました。そこでは、いままでのOSにつけていたような「お菓子のニックネーム」は廃止され、単に「Android 10」と呼ばれることが明かされました。

Androidはバージョンが1、2、3...といったナンバーのほかにA、B、Cというアルファベットでも区切られていて、C以降はスイーツのニックネームがつけられています。「C→カップケーキ」「D→ドーナッツ」「E→エクレア」というようにですね。で、次のAndroidはバージョンQ。

Qで始まるお菓子ネ─ムが何になるのか期待してたファンにはがっかりな発表ですが、これにはいちおう理由があるそうです。たとえば新規ユーザーに優しくないとか、英語圏じゃないと「ロリポップ」の頭文字がLでRかぱっと思い浮かばず、バージョンの新旧を判断しづらい、とか。

なので、これからはシンプルに「Android 10」です。

ま、お菓子の名前じゃないからってOSの機能が変わるわけじゃありません。ダークモードやフォーカスモードなど、気になる機能がたくさんあります。ロゴのデザインもスッキリして見やすい。

とはいえ、「スイーツ・ネームが続いていたら、Q以降の名前はなんだっただろう」と考えてしまうのは人の常。そこで米GizmodoのSam Rutherfordが、Android Q以降のスイーツ・ネームを考えてくれましたよ。

Q:マルメロ(quince):セイヨウカリンとも呼ばれる果物の一種で、ジャムにしたりするそうです。

R:レッドベルベット(RedVelvet):食紅で赤くしたクッキーやケーキ。

S:スモア(S'mores):焼きマシュマロのことですね。

T:タピオカプリン(Tapioca Pudding):米国ではあんまり人気のないスイーツだそうで。

U:アップサイド・ダウン・ケーキ(Upside Down Cake):ケーキ型の底に具を並べて作るスポンジケーキです。Samによると、このバージョンでは通知バーが画面の下に配置され、野良アプリは禁止、ロゴの色が緑から赤になるそうです。

V:バニラ(Vanilla):シンプルに。Samはそろそろこのチャレンジを後悔し始めています。

W:ワッパー(Whopper)またはウォーヘッド(Warheads):ウォーヘッドは超スッパいことで有名なキャンディ。ワッパーは...バーガーキングのハンバーガーがスイーツだってんならいい案ですね。

X:キサンタンガム(Xanthan gum):ついにギブアップ。キサンタンガムは食品に粘り気やとろみを与える添加物で、味はしません。Samは「良いアイデアがあればコメントよろしく」だって。(キシリトールガムでいいんじゃない?)

Y:油条(Youtiao):中華料理店でお粥を頼むとついてくる、チュロスみたいな揚げパンですね。これお菓子かなぁ...

Z:ゼロ・キャンディ(Zero):ゼロカロリーを売りとするキャンディです。

...うん、スイーツネームを廃止したことはかなりいい考えですね。

金本太郎

最終更新:8/23(金) 22:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事