ここから本文です

調布にカリフォルニア発バーガー「カールスジュニア」 8月から増床

8/23(金) 11:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 バーガーレストラン「カールスジュニア 調布レストラン」(調布市布田4、TEL 042-426-8405)が調布駅南口ロータリー近くにオープンして1カ月がたった。(調布経済新聞)

増床したモダンな店内の様子

 1941(昭和16)年にカリフォルニアで創業し、現在では世界46カ国・約3900店舗を展開するバーガーレストランチェーン。日本7号店となる同店は8月から増床し、店舗面積は約40坪、店内に56席、テラスには8席を用意する。

 同店のパティは、高品質のオーストラリア産ビーフを使う。じか火焼きでじっくりと丁寧に仕上げることで肉本来のうま味を「最大限」に引き出し、バンズやフレッシュな野菜にこだわり一緒にサンドすることで「オリジナルの味わいを生み出している」(同店)という。

 メニューは、赤身が多く脂肪分が少ないオーストラリア産アンガス牛100%のパティと、オリジナルのスパイスを配合したジューシーな「オリジナルアンガスバーガー」(990円)、つなぎを一切使わないオーストラリア牛100%のパティをじか火焼きしたクラシックな「スーパースター」(940円)、肉厚で食べ応えのある鶏むね肉を使った「バーベキューチキンサラダ」(640円)など、22種のバーガーのほか、サイドメニューやデザートなども取りそろえる(価格は全て税込み)。

 地区担当の瀧さんは「世界基準の品質で近隣の皆さまにお食事を楽しんでいただけるよう、これからも多彩なメニューを提供していきたい」と話す。

 営業時間は10時~21時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:8/23(金) 11:30
みんなの経済新聞ネットワーク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事