ここから本文です

360度どこからでも映像が見られる、円筒透明スクリーンディスプレイを開発

8/23(金) 8:10配信

MONOist

 ソニーは2019年7月29日、360度どこからでも映像が見える円筒透明スクリーンディスプレイを発表。同年7月28日~8月1日の期間、米国で開催されたコンピュータグラフィクッスとインタラクティブ技術の国際会議「SIGGRAPH 2019」で展示した。

 通常、光は透明な物体を通過するため、ディスプレイの透明度と投影する映像の輝度を両立させるのは難しい。同社は、高透明度で高輝度のホログラムスクリーンを開発。さらに、円筒投影に適した光学設計を施し、360度全方位から映像を視聴できるようにした。

 会場では、開発中の円筒透明スクリーンディスプレイを使用したデモをいくつか展示した。毎秒1000フレームの高速カメラを使って見ている人の位置をリアルタイムで追いながら、常に円筒内に実在するかのように映像を表示。また、複数台が連動して映像を表示したり、ハンドジェスチャーで映像や音をリアルタイムに操作したりと、新しい空間演出やインタラクティブな体験ができることを示した。

MONOist

最終更新:8/23(金) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事