ここから本文です

「Re:北九州の記憶」から誕生した寺田剛史「カンパン」をblockで長編化

8/23(金) 11:46配信

ステージナタリー

block「カンパン」が9月14日から16日に福岡・枝光本町商店街アイアンシアターにて上演される。

【写真】block vol.6「カンパン」チラシ裏(メディアギャラリー他1件)

blockは、「舞台は格好の遊び場だ」をコンセプトに、飛ぶ劇場の寺田剛史の作品を上演する団体。vol.6として上演される「カンパン」は、地元の若手劇作家たちが北九州に暮らす高齢者にインタビューを実施し、その内容をもとにした戯曲を紡ぐプロジェクト「Re:北九州の記憶」から誕生した短編を長編化する。

舞台は1948年の北九州市小倉。小学生の姉妹はカヤを探しに出かけた際、米軍の陸軍倉庫から物を盗み出している“物盗り”に出くわし、姉妹もある大きな箱を持ち帰ってしまう。母に見つかって叱られるも、中身を知った母は倉庫へ返さなくてもいいと言い……。

作・演出を寺田が手がけ、出演者には飯野智子、バカボンド座の森川松洋、高山実花、有門正太郎プレゼンツの野村法可、飛ぶ劇場 / blockの佐藤恵美香が名を連ねた。上演に際し寺田は「意図しない方向を楽しみ、それをさらに自覚的に進めていくことで傑作になる可能性が多く潜む作品になって来たのでは」と語っている。

■ 寺田剛史コメント
傑作を作る出すことはなかなか難しいですが、意図しない方向を楽しみ、それをさらに自覚的に進めていくことで傑作になる可能性が多く潜む作品になって来たのではないかと思っています。block「カンパン」是非。

■ block vol.6「カンパン」
2019年9月14日(土)~16日(月・祝)
福岡県 枝光本町商店街アイアンシアター

作・演出:寺田剛史
出演:飯野智子、森川松洋、高山実花、野村法可、佐藤恵美香

最終更新:8/23(金) 11:46
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事