ここから本文です

巨人・原監督 先発・桜井3回5失点で「フォローのしようがないですな」

8/23(金) 21:21配信

デイリースポーツ

 「巨人1-5DeNA」(23日、東京ドーム)

 巨人の原辰徳監督が二回までに5失点を許した先発・桜井の投球に、厳しい苦言を呈した。

【写真】KOの桜井 ベンチで早々に後片付け

 初回に2死からロペス、佐野に連続四球を与えソトに先制3ラン。二回にも梶谷に右越え2ランを浴び、肩を落とした桜井。「なかなかリズムに乗りきれないし、これはフォローのしようがないですな」と険しかった。

 ソトに対しては今季、手痛い一発を浴びることが多い巨人投手陣。「プロとして、恥ずかしい」とばっさり。2連敗でマジック点灯はならなかった。

 桜井は3回5失点、被安打4、被本塁打2で、3敗目(7勝)を喫した。

最終更新:8/23(金) 21:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事