ここから本文です

バド、渡辺東野組が混合複で日本勢初メダル

8/23(金) 19:29配信

共同通信

 【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権第5日は23日、スイスのバーゼルで各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスの渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)がマレーシアのペアに2―1で逆転勝ちし、同種目の日本勢で初のメダル獲得を決めた。

最終更新:8/23(金) 19:29
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事