ここから本文です

『男性が憧れる理想のボディランキング』1位は“彫刻ボディ”の阿部寛

8/23(金) 8:40配信

オリコン

 令和最初の夏が真っ盛り。1ヵ月予報を見ても、平年よりも高い暑さが9月も続くといわれており、もう少しサマーレジャーが楽しめそうだ。水着姿になるシチュエーションは、肉体で男らしさをアピールできる絶好のチャンス。世の男性たちはどんな男性有名人のボディを参考にしているのか。そこで昨年に続き、ORICON NEWSでは『男性が憧れる“理想のボディ”ランキング』を調査。1位に輝いたのは、現在55歳、最年長でランクインした俳優の【阿部寛】だった。

【ランキング表】TOP10はほぼオーバー40世代、この年齢であの体型!?と男もほれぼれする筋肉の持ち主たちがズラリ

■ローマ仕込み(!?)の筋肉美 年齢重ねても完璧ボディラインを維持

 40~50の同性代の支持を集め【阿部寛】が首位を飾った。同性から“理想のボディ”を印象付けたのが、2012年に公開された映画『テルマエ・ロマエ』で見せた肉体美。同作への出演にあたり、洞窟風呂の中でマネージャーを肩車しながら「フンッ、フンッ」とスクワットをするなど、役作りで空き時間にとことん身体を鍛え抜いたという。続編となった『テルマエ・ロマエII』(2014年)でも、日本公開前に本作ゆかりの地・ナポリでワールドプレミアを開催。阿部の並々ならぬ肉体改造の努力の成果か、鑑賞したナポリっ子からは「区別がつかないほど古代ローマ人に見えた」とスタンディングオベーションが沸き起こった。

 また、昨年公開の映画『のみとり侍』で、元・越後長岡藩藩士の小林寛之進を演じた阿部。劇中では、ちょんまげ姿に美しい大胸筋とくっきりと割れた腹筋を披露。さらに灼けた肌に映える白いふんどし一丁の姿は、同性でも見惚れてしまうほどだった。

 189cmの高身長と鍛え上げられた肉体美に「背も高くてシュッとしているから憧れる」(東京都/30代)、「バランスがとても綺麗だと思うから。」(岡山県/30代)など絶賛の声が多数。阿部と同世代からも「身長があって立ち姿が綺麗だと思うので」(埼玉県/50代)、「時代劇での着付けがキレイ」(東京都/50代)など惜しみない賛辞が送られた。

■同性も憧れるセクシーボディ “50代の星”のB'z稲葉浩志

 2位は阿部と同学年の音楽ユニット・B'zのボーカリスト【稲葉浩志】。来月55歳になるが、年齢を感じさせないパワフルなライブではステージを縦横無尽に駆け回る情熱的なパフォーマンスを続けている。1988年にデビューして、30周年を迎え、今年は5月に新作アルバム『NEW LOVE』をリリースしツアーを展開。8月16日(東京)・18日(大坂)には『SUMMER SONIC 2019』で日本人初のヘッドライナーとして登場。稲葉はタンクトップ姿で鍛え抜かれたマッチョボディを披露し、若手バンドには出せない“大人の色気”とボーカリストとしての底力を見せつけた。

 稲葉は昔から格闘技が好きで、その熱意は「ギリギリchop」、ソロ曲の「CAGE FIGHT」などの楽曲にも反映されている。それだけに自身でも格闘家のような割れた腹筋とパンプアップされた大胸筋を維持している。

 「いつまでも変わらない体型や声量、尊敬しかない」(兵庫県/20代)、「50代であのボディは凄い。男でも見惚れます」(青森県/30代)とビルドアップされた細マッチョな体つきは同性もうっとり。また、「地球上で最高のバンドのボーカルで、最高のパフォーマンスを発揮するために常に努力を怠らない人」(愛知県/40代)と声と体型を維持する強靭なメンタルも評価されている。そんな稲葉なら新アルバムのラスト曲である「トワニワカク」も実現できるはずだ。 

1/2ページ

最終更新:8/25(日) 1:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事