ここから本文です

『これは経費で落ちません!』後半に新キャスト、江口のりこ&ベッキー加入

8/23(金) 22:50配信

オリコン

 女優の多部未華子が主演するNHK総合のドラマ10『これは経費で落ちません!』(毎週金曜 後10:00~10:49、連続10回)は、30日放送の第6話から後半戦に突入。キャラの濃い新キャストも登場する。経理部の新メンバー・麻吹美華を演じる江口のりこと、社長の信頼をもとに社内のルールを無視する秘書課社員・有本マリナ役のベッキーだ。

【写真】主人公・経理部の森若さん(多部未華子)

 領収書や請求書を通して経費に関わった人々の怪しい事実や、悩める人生をコミカルに描く、新たなオフィスドラマ。経費から見えてくるワケありの人物たちの切実な悩みに共感の声とともに、主人公の“森若さん”こと森若沙名子(多部)が“何事もイーブンに”解決していく姿が爽快と話題になっている。

 麻吹美華は、帰国子女で外資系企業に勤めた影響で、時々会話に英語が飛び出す。自分を隠して人に合わせるのが苦痛で、これまでに7度転職。アンフェアな人にすぐかみつくことから、「タイガー」というあだ名が…。

 演じる江口は「自分なりのルールを頑なに持つ超マイペースな美華ですが、どこか似たところのある沙名子と共に、ぶつかり合いながらも成長していく過程を演じていけたらいいな、と思っています。最終回に向けて、後半戦、盛り上がっていけるようにチーム一丸となり頑張りたいと思います。よろしくお願いします」とコメントしている。

 有本マリナは、社長お気に入りの秘書。通常、経理書類は経理部に持ってきてもらうことになっているが、忙しいなどの理由で経理部員に取りに来させるわがままな女。社長が秘密裏に使う“特別枠”というアンタッチャブルな経費を扱っている。

 ベッキーは「自由に楽しくお芝居させていただきありがとうございました。視聴者の皆さまに、私が演じる“有本マリナ”という役を少しでも愛していただきたい…なんて気持ちは1ミリもなく、とにかくいやな人を演じました(笑)。ドラマを楽しんでいただければと思います」と話している。

 新たに登場する2人に、森若さんはどう対峙し、経理の仕事を全うしていくのか。そして、山田太陽(重岡大毅)との恋の行方も気になるところだ。

■第6話「うさぎとタイガーの巻」(8月30日放送)あらすじ

 欠員状態だった経理部に麻吹美華(江口)という中途採用のメンバーが加入。しかし美華は、完璧な正義を目指しちょっとしたつじつま合わせにも目くじらを立てる性格で、さすがの森若さん(多部)も辟易(へきえき)し、互いの持論を戦わせることに。そんな折、日ごろ経理部の言うことを聞かない秘書の有本マリナ(ベッキー)が、地方の旅館に商品を売った代金を経理部に持ってくる。秘書が扱う経費は、社長案件のため特別枠という名目で経理部でもアンタッチャブルとされていたが、森若さんは、旅館がある九州にマリナが出張した時期に違和感を待ち…。

最終更新:8/26(月) 7:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事