ここから本文です

マカオの19年4~6月期実質GDP、前年比マイナス1.8%…2四半期連続マイナス

8/23(金) 19:13配信

マカオ新聞

 マカオ政府統計調査局は8月23日、今年第2四半期(2019年4~6月期)のマカオ特別行政区の域内総生産(GDP)を公表。

 今年第2四半期の実質GDPの成長率は前年比マイナス1.8%で、2四半期連続マイナスに。ただし第1四半期のマイナス3.2%からマイナス幅は縮小した。主なマイナス要因は固定資本形成総額の下落。外需の減速が続き、ゲーミングサービス輸出は0.8%減、貨物輸出についても24.4%減。固定資本形成総額が25.0%下落したことを受け、内需は6.1%下落。個人消費と政府最終消費はそれぞれ2.1%、4.1%の増で、景気後退の一部を相殺。貨物輸入とサービス輸入はそれぞれ0.8%、20.9%の減少。今年第2四半期の物価変動の程度を表す物価指数にあたるGDPデフレーターは前年比2.4%上昇。

 外部経済の先行き不透明感から、個人消費支出は依然として慎重。個人消費の増加幅は第1四半期と同水準の2.2%増。マカオ域内及び域外における世帯の最終消費支出はそれぞれ2.2%、4.0%上昇。

 政府最終消費支出は増加傾向を維持。増加率は今年第1四半期の4.1%から1.6ポイント拡大の5.7%に。このうち、職員報酬は2.3%増、購入商品及びサービスの純価値は12.4%の上昇だった。

 工事の減少を受け、固定資産投資の下落が続いた。今年第2四半期の固定資本形成総額は前年比実質25.0%の下落で、主に建築投資が30.1%減だったことによる。一方で、設備投資は9.1%増。前年同期には政府が多額の投資をした港珠澳大橋マカオ側イミグレーションが含まれておりベースの数値が高くなっていることもあり、公共工事投資が51.6%、設備投資が35.0%のそれぞれ大幅な減少。このほか、大型プロジェクトへの投資や新規住宅プロジェクトの着工も減少し、民間投資についても19.3%減。内訳をみると、建設投資は25.1%減、設備投資は17.4%の増。

 商品貿易も低調に推移。個人消費が慎重な状態が続き、投資が減少したことで、貨物輸入は0.8%の下落。外需の減速で、商品輸出も24.4%減。

 サービス貿易のパフォーマンスは安定。ゲーミング(カジノ)サービス輸出は0.8%の下落だったが、総体サービス輸出は0.8%上昇。一方、サービス輸出は13.7%減。

 今年上半期の実質GDP成長率は前年比マイナス2.5%。主要項目別では、個人消費と政府最終消費がそれぞれ2.2%、5.0%の上昇、投資が28.8%減、貨物輸出が12.5%下落、貨物輸入が0.6%上昇、サービス輸出が0.2%上昇で、このうちゲーミングサービス輸出は0.7%下落、サービス輸入は17.5%下落。

 マカオ政府経済財政庁長官事務所は第2四半期のGDP公表後に声明を発表し、外部経済の先行き不透明感が持続、増大する影響により、景気後退が下半期まで続くとの見通しを示した。また、景気後退によるマカオ社会、就業市場へ影響を注視しており、随時対応策講じるとともに、大型公共工事の推進も視野に入れているとのこと。一方、強固な財政余力を擁しており、対外収支についても安定していることから、民生に関わる歳出に影響が出ることはないという。マカオ特別行政区政府として、経済の適度な多元化を進め、危機対応力、景気後退時の抵抗力を高めていくとした。

最終更新:8/23(金) 19:13
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事