ここから本文です

「宮古島の状況、県も把握」 観光客増、建設ラッシュで玉城知事

8/23(金) 12:07配信

宮古毎日新聞

 沖縄県の玉城デニー知事は22日、県庁での定例会見で、宮古島地区での観光客の急激な増加や建設ラッシュについて「宮古島では、地元住民がタクシーを利用しにくくなっているということを、県でも把握している。平良港ターミナルで整理券を配布するなど(クルーズ船観光客に)スムーズなタクシー利用を促し、タクシーが利用しにくい時間を短くする取り組みを実施している」と語った。


 また、「県建設業協会宮古支部に確認したところ、宮古島市では鉄筋工や型枠工などが不足しているということだった。遠隔地からの労働者で対応せざるを得ない場合には、旅費や宿泊費などの追加分の経費について実績に応じて対応している。適正な予定価格の設定に取り組んでいる」とも述べ、宮古地区で県が行う工事の適切な実施に務める方針を強調した。

最終更新:8/23(金) 12:12
宮古毎日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事